農場主の食道楽

食べ歩き、飲み歩き、お取り寄せの記録

秋葉原 天想伝 楽の油そば

 秋葉。パーツやら面白いものやらを探して歩き回っていたところ、そろそろ腹が減ってきたと思ったところでラーメン屋が。
 ジャンク通りから末広町方面に抜けたところで、そういえば入ったこと無かったなと思ったら、どうもお店が変わっていたようだ。
 つけ麺、あぶらそばの看板があったので、それに惹かれて。
 お店は「天想伝 楽」。店は厨房が広く取ってあって、客席はカウンター中心の細長い感じ。食券売り場で味玉入りのあぶらそばの食券を買って、カウンターへ。
天相伝のあぶらそば地図
 カウンターには、お勧めの食べ方が書いてある。
 まず、何もいれずに香りを楽しんで、その後酢やらラー油でお好みに。最後はスープ割でとか。ふーん。

 そういうわけで、最初は混ぜながらと思ったら、混ぜるものが無い。あぶらそばだと、魚粉とかにんにくあたりが乗っかってるもんかとおもったら、このあぶらそばはそんなことは無かった。細切りチャーシュとねぎだけ混ぜても、それは具材だものなあ。
 軽く混ぜてすすった第1印象は。「甘い」。なんの甘さだろう?煮干だしとは書いてあるけど。
 別にインパクトがあるわけじゃないので、するする食べていくとなんだか飽きてくる。そのあたりで、ちょっとラー油を投入。
 少し辛くなったけれど、どうもゴマ油の風味と甘さがぶつかるような感じ。これはどうなんだろう。

 甘党の人なら良い感じなのかも知れないけれど、私にはちょっといまいちだったかなあ。


関連記事[細切りチャーシュ ゴマ油 煮干

前後の記事 - [らーめん]::タイトル一覧

コメント


しゃおりん wrote:
こんにちは。お久しぶりです。
この間はお会いできず、残念でした。

ところで、あぶらそば、かなりお好きですかー?
12/01/29 15:59:19
おひさです。そういえばだいぶお会いしてない感じですね。
前回は仕事だったので。

あぶらそばはだいぶ好きですよ。
猫舌なもので、熱いスープはちょっと苦手なのです。
つけ麺でもいいんですけどね。
12/02/04 23:48:18


コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP